「Apple Music」の「For You」機能であなただけのオススメリストを

Apple Music、だいぶ操作に慣れてきましたよ。

基本的な機能はもちろん、通信速度制限関連もバッチオッケー。

<参考記事:iTunesとかめんどくさいからApple Musicにしちゃおうぜ
<参考記事:通信速度制限が気になるなら「Apple Music」にするべき> 

でも、せっかくだからもっともっと使いこなしたい。

 

「For You機能」を使ってみた

まず「For You機能」とはなんぞや?

曲一覧などにやたらと出てくるハートマーク。

もし、その曲があなたのお気に入りならタップしましょう。

こんな感じで。

IMG 0083

そうすれば、あなたの押したハートマークの傾向によって、お勧めの楽曲が変わるのです。

それが「For You」機能。

あなたにぴったりの曲を教えてくれるのです。

「For You」タブにずらずらーと、曲が表示されます。

IMG 0084

Apple Musicのコンセプト

Apple Musicのターゲットはズバリ、

「何を聞いたらいいかわからない人」たち。

カジュアルな音楽ファンなんですって。

とてもいい言葉ですね。

いわゆるミーハーたちにぴったりの音楽ストリーミングサービスです。

僕みたいなね。

<参考記事:Apple Musicはメインストリームを狙う―ターゲットは「何を聞いたらいいかわからない」カジュアルな音楽ファン

 

実際にお勧めされたMusicたち

実際問題、今、欧米ではどんな曲が人気があるのかとか、知りたい方っていますよね。

日本で知られている=欧米でも人気があるわけではありませんし。

アメリカカブレとか言われても構わないのですが、僕はまさしく、洋楽が聴きたいけど、何を聞いたらいいかわからない、カジュアルな音楽ファンなのです。

そんな、ミーハーアメリカカブレの私が、実際に「For You」された音楽はこちら。

IMG 0090IMG 0091IMG 0092IMG 0093IMG 0094IMG 0095IMG 0096IMG 0097IMG 0098IMG 0099

 はい、もうキリがないのでこれくらいで。

このレコメンド機能のボリュームもなかなかですね。

おそらく、まだ僕自身のタップした「For You」が少なすぎるのでしょう。

にしても、これを眺めているだけで楽しいな・・・

最初の「前へ進むポップソング」とか「現代ティーンのためのポップ」とか嫌味ですかい・・・

 

まとめ

  • 「For You」機能を使って、あなただけのオススメリストを手に入れよう
  • カジュアルな音楽ファンこそ、「For You」
  • 「For You」の精度を高くするために、「For You」し続けよう

Apple Musicを三ヶ月使ってみた感想、レビュー!最強の使い方を思いついた

2015.11.04

スポンサーリンク

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitterで荒井勇太をフォローしよう!